読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤軍奮闘絵巻

文章の練習

被虐嗜好のサディスト

紺野ぶるまの単独ライブのフライヤーが良い。「紺野ぶるま処女単独ライブ ぶるま、夜の新宿でかけまくり」というどうかしているライブ名に準じた、完全にアダルトビデオのパッケージのそれだ。自身の写真も、白いソファーに一人おしとやかに座るAV初出演のような出で立ち、さらには表紙だけでなく背表紙まで再現している。彼女にしかできないことだと思うし、フライヤーをAVっぽくして背表紙もつけちゃおうとはまずならない。

 

少し前、僕が寝る前ツイッターを見ていたら、ボンテージ姿で写る紺野ぶるまの写真を見つけた。若干被虐のケがある僕なので少し気になったものの、行動を起こすのは次の日以降にしてそのまま眠りに就いた。紺野ぶるまが夢に出てきたのはその夜だった。

 

僕とぶるまは僕の自宅の洗面所にいた。扉を隔てて隣のリビングでは母親が料理をしている。そんな中でぶるまは少しずつ僕に近づいてくる。いたずらっぽく笑うぶるまに僕は彼女が何をするのか感づいていた。とにかく今はぶるまのなされるがままにされよう、声さえ出さなければ壁の向こうに気付かれることはない。決心も束の間、ぶるまは壁に追いやられた僕の唇を奪って何度も舌を入れる。上手だった。しかし僕も初めてとは言えない。見よう見まねで舌を入れて応戦した。するとすぐに唇は離れて行った。無意識に目を閉じていた僕が目を開けると、そこにはぶるまがいつもとは違うような、でも確かに笑顔ではにかんでいた。ここで一つ目の記憶は途切れている。夢は第二幕へ。場所は変わらず洗面所、扉を隔てて向こうには母の料理音、僕とぶるまも相変わらず二人きり。僕は歯磨きをしていた。そこであった違和感は二つ。一つは歯磨き粉をつけていない水磨きだったこと、もう一つは歯ブラシを持たない左手ではぶるまの首をつかんでいたこと。僕はぶるまの首をつかみ、顔がこっちを向くように仰向けで洗面台に首を押し付けていた。不安そうな顔で見つめる彼女、ただ歯磨きを続ける男。男は力づくで押し付けていた左手の内、親指を彼女のあごに沿わせ、口を開けるように親指を引いた。彼女も従うしかなかった。男の眼光が鋭くなる。歯ブラシを口から抜くと男は口腔に溜まった水を彼女の口に吐くように移した。突然のことに目を閉じる彼女を、僕は深い満足の表情で見つめた。僕の水を被ったぶるまも、今度はいつもの笑顔で僕を見つめていた。

 

質問は二つあって、一つは僕はマゾヒストなの?サディストなの?これは何フェチ?

二つ目はこれで大賞取れる文学賞を知りませんか?